TOPへ   
場所情報コードの詳細場所情報コードとは
  • 場所情報コードとは
  • 場所情報コードの
    情報を閲覧する
  • 場所情報コードを
    取得する
  • 論理場所情報コード
    とは
  • ガイドライン
    様式集・参考情報

場所情報コードとは?

  場所情報コードとは、特定の地点の位置情報を皆で整備・共有するための新たな基盤です。ある地点がどんな場所で、どんな情報が提供されているのかを、場所情報コードをキーとして呼び出すことができます。

  場所情報コードは、通信分野で使われるucodeを利用します。ucodeはネットワーク上でモノを識別し情報を結びつけるための番号で、機械が読み取って情報を呼び出します。最近では、NFC対応のICタグとスマートフォンを使うと、ucodeを入れたICタグにスマートフォンをタッチしてその場でサーバにある情報を見ることもできるようになっています。

  国土地理院では、このucodeに位置による分類を加えて「○○の位置にある△△」のように固定された地点を識別して、その地点の情報を結び付ける仕組みを構築しました。このような分類を行うことで、特定の地点やその周囲の情報を効率的に呼び出すことができるようになります。また、媒体の種類によらずコードだけで位置を表現することができるため、通信を行わずに概略の位置を把握したり、屋内外で位置情報をシームレスに扱えるようになります。

  具体的な場所情報コード仕様の概略を図1に示します。発行機関では、申請された緯度・経度・高さ(階層)に従って、場所情報コードを発行します。同じ緯度・経度・高さに複数のコードができた場合は、最後の「連番」で区別します。なお、高さについては、建物の階数(その地点が何階か)を地下50階を0とする階層に変換してコード化します(屋外の場合は、屋外を表す特殊コードになります)。より詳細な仕様については、こちらをご覧下さい。

img
図1:場所情報コード仕様の概略
  場所情報コードは特定の地点を識別するため、全く同じコードが複数の地点に付けられることはありません。このため、発行機関が場所情報コードを一律に管理し、申請・発行の手続きを行うことが必要になります(後で説明する論理場所情報コードには、このような手続きはありません)。

  コード申請・登録から情報閲覧までの流れを図2に示します。ある地点の情報を発信したい人が「○○の位置に△△がある」といった基礎的な情報(基本情報)を用意して申請を行い、発行機関(国土地理院)が場所情報コードを発行します。

  申請者は、発行された場所情報コードを現地のICタグ等に書き込み、必要に応じ申請者が独自に発信したい情報(詳細情報)を自らのサーバから発信します。発行機関からは基本情報を提供し、その地点に関する情報発信を行う申請者のウェブサイトがあればそのリンクも提供します。この仕組みにより、ICタグにアクセスをした利用者は、発行機関の基本情報や申請者の詳細情報を見ることができるようになります。
img
図2:コード申請・登録から情報閲覧までの流れ
  閲覧システムは、この図の中で基本情報を提供している部分になります。